2006年8月28日

馬車馬と書いてマケレレと読め

Yahoo!スポーツ - 海外サッカー - モウリーニョ監督がまた刺激的発言「マケレレはフランスの奴隷だ」

そもそも代表引退ってのは選手が勝手に表明しただけであり、法的・制度的な拘束力は何一つ持っていません。これまでのナショナルチームでのキャリアが説得力になる程度と言ったところでしょうか。

一方で、それを反故にするってのはその選手のキャリア・人生そのものの否定じゃないでしょうかね。戦力としての必要性はわかりますが、いくらなんでも礼を逸した行為でしょう。
さらに、いま33歳で、1998W杯、EURO2000を制した彼に代表チームで何を目指せと言うのでしょうか。2010まで一線でいられるほど簡単なポジションじゃないですし。

また、代表引退してもクラブチームでのキャリアは続いているわけで、そのクラブの監督が激怒するのも理解できます。制度上は強制的に出場停止にまで追い込まれるわけですから。
これまでナショナルチームに時間を取られていたのが、代表引退して一段落して1,2シーズンはクラブに集中してもらう矢先の出来事。こりゃ仰天ですよ。

今後の代表引退に関して波紋を呼ぶんじゃないでしょうか。とにかく選手の意志を尊重してほしいものです。クラブとナショナルチームの信頼関係がだいぶ悪化しそうで不安です。


それにしてもいくらなんでもこりゃないっしょ。ドメもモウも好きな監督じゃないけど、さすがにこれはみんなモウ(というよりマケか)の肩持つって。

1 件のコメント:

togo さんのコメント...

FIFAが自らの影響力を残したいがための、アホなルールが原因だね。ドメネクも予想外の準優勝でプレッシャーがかかってるのでは。一度失敗した世代交代をまたやらんきゃいけないんだから。また失敗したら再リバウンドで評価ガタ落ち。